大阪市中央区 システムソフトウェア開発会社

営業時間:平日09:15〜18:15
MENU

オデッセイを観ました。

著者:馬詰道代
公開日:2016/02/27
最終更新日:2018/02/20
カテゴリー:雑記

お久しぶりです。自称映画ナビゲーターの馬詰です。

本日、ご紹介する映画は『オデッセイ』です。
原作は『火星の人』(アンディ・ウィアー著者)。

私は自宅にいるときはラジオを、洋楽が流れるFM局を視聴しています。
そのラジオの映画紹介コーナーで語られた『オデッセイ』。
これは共感するに違いないと観てきました。
いえ、共感したい!と観にいきました。

マットデイモン扮する宇宙飛行士マーク・ワトニーは火星にひとり取り残されます。
ワトニーは地球に還ることを諦めず、植物学者としての知恵で生きようとします。
その姿が結構、明るく描かれています。
ワトニーは無事に生還するんでしょうか?!

アメリカ映画っぽく、ユーモアとポジティブさと劇中に流れる曲が私のど真ん中でした。
あっ、ど真ん中はソナタではありません。(笑)

ほんと、面白かったです。
マットデイモンって、正直いうて、男前やないじゃないですか?!
その彼が火星でお芋さんを作るんですよ。
火星で畑仕事が似合うのはトム・クルーズでもレオ様でもブラピでもないでしょう。
マットデイモン以外に考えられません。
そして、そのお芋さんを食べる姿がカッコイイ!

諦めずに闘うことが大事だと、
問題が発生したらひとつずつクリアしていけばいいと、ワトニーは教えてくれます。
いやぁ、ほんと、映画って面白いですねぇ〜

そういえば、もうすぐアカデミー賞が発表されます。
この『オデッセイ』主演のマットデイモンも主演男優賞にノミネートされているんですが、私は『レヴェナント・蘇えりし者』主演のレオ様推しです。
『レヴェナント・蘇えりし者』は日本ではまだ公開されておらず、映画館の予告でしか観ていませんが、ディカプリオの本気を感じます。
もういい加減、ディカプリオにオスカーをあげたって!と、大阪の空の下で私は願ってやみません。

オワリ。

コメントは受け付けていません。

上に戻る