キラーコンテンツとまではいかなくても……

高木です。おはようございます。

クローバーフィールドのウェブサイト群に掲載するキラーコンテンツを作成したいと最近は考えていました。
もちろん、そんなに簡単にキラーコンテンツができるわけではありません。

なので、キラーコンテンツとまではいかなくても、十分に魅力的なコンテンツを掲載できれば、それはそれで大きな意味があります。

このたび、十分に魅力的なコンテンツという意味では、非常に有力な候補が浮上してきました。
現在、関係者と調整を行っています。

現時点では具体的なことはお伝えできません。
ひとついえるのは、決して他人のフンドシではなく、完全にオリジナルのコンテンツであるということです。

遅くとも今週中には調整が付くと思いますので、確定した時点で改めてご報告したいと思います。
特定の人たちにとっては、きっと朗報になることでしょう。