大阪市中央区 システムソフトウェア開発会社

営業時間:平日09:15〜18:15
MENU

富士山。

著者:馬詰道代
公開日:2016/03/29
最終更新日:2016/03/28
カテゴリー:雑記

日曜日、東京までちょっくら遊びに行ってきました。
こんにちは、馬詰です。

目的地まで”door to door”で3時間半。
東京日帰り弾丸ツアーでした。
駅のエスカレーターの立ち位置に、頭の中でチッ!って言ってしまいました。
アウェイとはこのことをいうのでしょうか?

行きしの新幹線の車窓から見た富士山。
なんでしょう、胸の中でジワジワと押し寄せる波。

富士山

車内アナウンスの
「左手に富士山をご覧いただけます。」
が聞こえました。
窓の外に目をやると富士山が見えます。
その美しい姿に感動です。
気品を感じます。
そして、富士山を見て感動する自分に少々驚きました。
今までも何度か新幹線の車窓から見たことがあるのですが、「きれいなぁ」程度でした。
しかし、今回は「うわっ、めっちゃきれいやん!なんなん、この美しい姿!!」と心の中で叫びました。
ひとりで乗っていたので、話し相手は自分しかいませんから頭の中でのことです。
ひとりで声に出して叫んだら、怖いです。

私は生まれも育ちも兵庫県の東の端でして、小中高と地元の学校に通いました。
どの校歌にも登場するのが六甲山です。
六甲山には愛着があります。
現在は大阪の東の端に住んでいるので、子どもたちの小中の校歌に登場するのは生駒山。
勝手ながら、六甲山VS生駒山をするんですね。
私個人の見解では、明らかに勝者は六甲山なわけです。
好きな山は六甲山といってもいいぐらいです。

しかし、あの美しい富士山を前にしたら、六甲山は霞んでしまいました。
そして、富士山を見て感動する自分に日本人を感じました。
きっと私は来週あたり満開になるであろう桜を見ても、感動のあまり涙することでしょう(なんでやねん!)

コメントは受け付けていません。

前の記事 :
上に戻る