予習・復習は大事です。

こんにちは、馬詰です。
勤勉な私は予習・復習は欠かしません。
特に遊びに関しては真面目です。
ライブに行く前、だいたい2,3週間前に該当ツアーのセットリストを入手します。
ネットで検索をかけるとネタバレされています。
それを元にデジタルオーディオプレイヤーにプレイリストを作成し、移動中に聴きます。
ライブを楽しむための其の一、予習です。

当日は頭に叩き込まれた曲を生で聴き、叫び、踊り、飛ぶわけです。
ライブを楽しむための其の二、ライブは身体を使うです。スポーツです。

思いっきり楽しんだあと、帰りの電車で微妙に入れ替えがあった曲の修正をします。
そのプレイリストで余韻に浸ります。
ライブを楽しむための其の三、復習です。

先月、最後の日曜日、私は東京くんだりまで行き、私の人生においてベスト3に入るライブを体感してきました。
いまだ、余韻に浸り復習の日々でした。

が、えらいことに気づきました。
来週、12日にライブの予定がありました。
すでに1週間を切っています。
予習をしなければいけません。
なんてたってチケット代、16000円ですから。
元を取らなければなりません。
どちらかというとスポーツ的なライブではありませんしね。

予習・復習はほんまに大事です。
我が家には3人の子どもがおります。
ひとりだけ、非常に勉強ができるお子がいます。
他の2人は並です。
同じように育てたのにひとりだけ学校の成績がすこぶる良好です。
何が違うのか。
検証しました。
それは、日々の予習・復習です。
3人ともに、中学にあがるとき、「予習をして、授業を受けて、復習する」をアドバイスしました。
それを確実に実行したのはひとりだけです。
実行する、しないは本人次第です。

「予習をして、授業を受けて、復習する」
同じことを3回して頭に定着させる。
いたってシンプルな勉強方法です。

社会人になっても、いえ、死ぬまで勉強は続きます。
そうです。
「アルルドゥイーノ」の勉強会に私も参加します。
昨日、なべさんに
「馬詰さん、勉強会に参加する中で技術者でない素人は僕らだけやで〜」とプレッシャーをかけられました。
「またろうには負ける気せえへん!」と豪語してしまった私です。
えらいことを言ったものです。
何をするのか?何をどう予習したらいいのか?
さっぱりなので、
とりあえず、「アルルドゥイーノ」の発音だけは完璧にしときます。