母心。

えみです。
ワタシはもちろん黒蜜で食べます。ところてんは。

一番忙しいこの週に、昨日は死んでました。
仕事にならず、昼に早退するくらい体調が悪かったのです。
おそらく食あたりです。なんかニオイのしていた食べかけのつまみだと思います…。

とりあえず病院行こう…と、真っ青な顔でフラフラしながら
会社の近くの病院へ行き、そこからフラフラしながらなんとか家に帰りました。
帰ってポカリを枕元にスタンバイさせてひたすら眠っておりました。

とりあえず親には言っておこう…と思い、母親にLINEしました。
「大丈夫?そっち行こうか~?」
ワタシが一人暮らしなもんで、親心なのでしょう。
来てくれようとしましたが、そうなると部屋を片付けなければいかんので
それをする気力も体力もないのでお気持ちだけ受け取っておきました。
その次に来たLINEにびっくらこきました。
「辛かったら帰ってきていいからね(はーと)」
猛烈な吐き気で苦しんでいる娘に「実家に帰って来い」です。
いくらそれなりに近くに住んでいるとはいえ、電車で30分はかかります。(乗り換え付)
そんな元気、あるはずがありません。このおばはん鬼やな…と本気で思いました(´_` )

今日の朝もLINEをくれましたが、二言目には「帰っておいで^^」でした。
一晩でだいぶマシにはなったのですが、いや帰らんよ。と一人ケータイに向かって
ツッコミを入れておりました。
病み上がりの娘に「帰って来い」とは、やはりウチの母親は鬼です。

友達に言われました。
人間の嗅覚は大事にしろ…と。ニオうもんなんぞ食べるんじゃないと。
まさにその通りです。

 

えみ