かわいげのある無しは大事です!

おはようございます。馬詰です。

いつだったか、社内雑談の折、
「男の人でも女の人でもかわいげがある人が好きやなぁ。」という話をしたことがあります。
Y女史に非常に共感されたのを記憶しています。

かわいげがある人ってどんな人って問われても、うまく言葉にできなかった、いや、しようとしなかったんですね。

っで、ちょっとかわいげがある人って?を考えてみました。

逆にかわいげがないのは、
「あんたにそんなに偉そうに言われる筋合いはないねん!」となる、自分に自信がないあまり虚栄をはる偉そうな人です。
これは全くかわいげがありません。

では、かわいげがある人は?
人やモノや仕事に対して謙虚であったり素直な人です。
謙虚さや素直さがどないかした拍子に、ふっと表情や仕草に表れると、おっかわいげがある!と感じます。

謙虚さが過ぎるあまり卑屈になったり、自分を見失うほどの順従になったりするのはよろしくありません。
私の経験上、謙虚で素直な子どもは学ぶことにも謙虚で素直ですから、学校で習ったことをちゃんと吸収します。
これは仕事にも当てはまると思います。
目の前の仕事に対して、謙虚に、そして素直に取り組めば成果をあげれるでしょう。
反対に邪なことをすると必ずコケます。

ということで、私が最終、目指すところはかわいげのあるおばぁちゃんでしょうかねw