聞く力を学んだ

営業Yです。

コミュニケーション問題について、このブログでも何度かとりあげてきました。

今日お会いした方に「聞く」ことの大切さを教わりました。

相手の話を聞き、思いを引き出し、その人をプラスの方向へ導いてあげるというお話でした。

なかなかレベルは高い気がしますが、技術者の方と向き合うことの多い我々営業にとっても、とても大切なことです。

実際お会いして直接お話しすると、経歴書だけでは分からないことが沢山出てきます。

むしろ、それもあれもこれも経歴書に記載する方が良い!と思える事が多いですね。

 

例えば、この業界を離れて他業種に携わっていた方。ブランクを気にされるあまり、謙虚になりすぎて小さくなってしまっているパターンをよく見受けます。

様々な不安を抱えておられるのが理由かもしれませんが。せっかくの再スタートへのモチベーションを感じられなくなり、必然とマイナスの印象が残ってしまいます。

他業種でやって来られたことを、少しずつヒアリングすると。

見た目よりずっと力仕事ができる体力のある方、対人業務をされてきて、コミュニケーション能力を自然と訓練された方、など。

アピールしなくては、もったいない!ことばかりです。

面談の際には、隠さずお話しされることをおすすめしたりしています。

ただやはり、自分では自分のプラス面を気づけない事が多いですよね。

そういう場合は、家族や仲の良い友達など(自分のことを知ってくれている人)に話し、自分の良さをまず聞くのが一番良いそうです。

「そんな人なんかいない…」という方には、社会人向けにキャリアコンサルの方が窓口を設けているとのこと。一度調べてみるのも良いかと思います。

 

他人と上手くコミュニケーションをとるには、形的な技もありますが、まず自分を知ることもひとつだと実感しました。

様々な自己分析の仕方がありますが、ひとりで行うと結局ダメな自分を再発見してしまったりして、余計落ち込むパターンが多いそう。

なぜなら、人は皆、良い部分悪い部分、二面性を持っているからです。

せっかくの自分のプラス面、活かさなければ!

 

私も自分のプラス面を知って、磨き、「聞く力」もつけていきたいと思います。

人はちょっとのことで、瞬間に前向きになれる生き物だと思っています。

今日私が学んだことは、色々な方面からお話しできることでした。

またこのブログでも書いていきますね。

先生、ありがとうございました!