営業Y、真面目に考える。

営業Yです。

本日ご訪問した会社さんで、面白い?お話を聞かせて頂きました。

月一の帰社日に行う、懇親会の話です。

全スタッフで食事に行かれるのですが、その会だけは自費参加にしているとのこと。

一瞬驚き、「自費ですか?!」と二度聞きしてしまいました。なぜなら、弊社では半ば当然のように?会社負担で食事会を行っているからです(毎月全員で、という機会を設けていないのもありますが)

 

わざわざ帰社して自費ですか…?という意見もあり、これは各会社体制(経理上の問題も含め)によりきりで、賛否両論だとは思います。

しかし、よく考えてみると「会社が負担して当たり前」考は多くの社員にしみついていて、?でもあります。もちろん感謝の気持ちはある上での話ですが。

 

以前、某企業の社内コンパが自費参加であるにも関わらず、ほとんどの社員が参加しているという話を聞いたことがあります。

それは徹底した経営理念の上にあるもので、社員も帰属意識がはっきりしている為、それを疑問に思うこと自体無いそうです。

 

お客様先への常駐が長かったり、短期間でいくつもの現場に入ったりすると、一般会社に比べて所属会社への帰属意識はなかなか根付かず、苦心されている同業会社は多いと聞きます。

 

ちなみに、今回お話を聞いた会社さんでは、懇親会以外では常に社長さんのポケットマネーで対応されているそうです。

アットホームな会社体制で、帰社日でなくても自由に自ら帰社する社員さんがほとんどだとか。

 

社員の意識を育てる、という視点でとても素晴らしいと感じました。と同時に弊社においての課題がまた出てきた気もします。

帰属意識を高めることによって、社員が社員を育てることが出来てきます。

そんな息の長い会社でありたいと思います。