派遣

 

営業Yです。

掲題の「派遣」についてです。

SES派遣の話ではないのですみません。

 

「友達派遣」の話です。

?と思われるでしょう。

私も同じく?です。

 

一時期「レンタル彼女(彼氏)」なるものが話題になりました。その「友達」バージョンです。

今、「レンタル友達」の需要がすごいとのこと。

どんな内容かというと。。

 

・初めての街で友達として良い飲み屋を紹介して付き合ってほしい。

・イベントを友人にキャンセルされてしまい、代わりに来てくれる友達を派遣してほしい。

・一人でジムへ行くのが心細い、慣れるまでは一緒に通ってほしい。

・自分の誕生日を祝ってくれている友達との様子をSNSにアップしたいので派遣してほしい。

などなど…。

 

ええええ?!と声をあげたくなってしまいそうですが、これが笑いに出来ない程の需要と売上をあげているそうです。

 

なんと切ないご時世なのでしょうか。

 

社会に出てから、学生時代のような友達はなかなか出来るものではありません。

けれど、「親友」までは無理としても、社会に出たからこそ新しい価値観で繋がれる人は沢山いるように思います。

 

「友達」の概念が違うのでしょうか。

その「レンタル友達」として働いた方の話も聞いてみたいところです。

 

「友情とは、草花のように水を与えて育つもの」という言葉を聞いたことがあります。

水を与えることが既に煩わしい、との境地からの「レンタル」なのかもしれません。

 

10年後20年後、歳を重ねて自分に残るものは、結局、人との繋がりでしかないと思うのです。

 

「おひとりさま」が増加する一方の、このご時世。私もその中の一人でもあります。

互いが程よい距離を保ち、助け合える、新しい形を創っていかなければなりません。

今後、私のライフワークにしていくつもりです。

 

ご意見ご感想お待ちしております。