なぜ作文か?

高木です。おはようございます。
「おはようございます」といっても、まだ午前3時ごろですが・・・・・・。

先日、技術社員の求人ページを更新しました。
応募方法として、作文の提出をお願いしています。

どうして作文なんか書かせるの?
そう疑問に思われた方も少なくないかもしれませんね。

作文の提出が必要となれば、応募のハードルが確実に上がってしまいます。
弊社のような小さな会社が採用活動を行うのはただでさえ大変なのに、これ以上応募が来なくなるようなことをしてどうするのか、という考え方も確かにあるでしょう。
それでも作文をお願いしているのです。

その人が書いた作文を読めば、いろいろなことが見えてきます。
論理的な思考や表現ができるのかどうか、人の心を動かす熱意があるのかどうか、そして、その人の根底にある価値観まで浮かび上がってくることもあります。

技術者にとって大切なことは、論理的に物事を考える力とコミュニケーション能力です。
会話によるコミュニケーション能力は面接で判断しますが、文章によるコミュニケーション能力を判断するには作文を書いてもらうのが一番です。
だから作文なのです。

作文を提出してもらって、思想信条を調査しようとか、そういう話ではないのです。
ですから、応募を考えている方がいらっしゃいましたら、われわれのご機嫌をとる必要はありませんので、のびのびと思ったことを書いてください。

楽しい作文が送られてくることをお待ちしています。