優秀な技術者といっしょに仕事をすると気を遣わずに済む。

高木です。おはようございます。

小さな会社で働いていると、ひとりで何役もこなさなければなりません。
私は現役のプログラマーですので、上流工程から下流工程まで全部やるのはもちろんのこと、自分で営業やその他もろもろの仕事までやっています。

そんな状況ですので、なるべくなら手間がかからない、もっと直接的な表現をするなら気を遣わずに住む環境というのは非常にありがたいのです。

ソフトウェアの開発に関する多くの仕事では、たったひとりですべてが完結することはまれです。
多くの場合、誰かといっしょに仕事をすることになります。

その「誰か」にあたる人物によって、気を遣わなければならない状況に雲泥の差が生じます。

具体的な話をしましょう。

いっしょに仕事をする仲間とは、情報を共有しなければなりません。
各自が書いたソースコードを他のメンバーが理解することもそのひとつです。

ここで、技量に乏しいメンバーがいた場合、そのメンバーにも理解できるようにコーディングするには、手枷足枷をはめられた状態で行わなければなりません。
たとえるなら、小学生相手に、習っていない漢字や難しい表現を避けながら文章を書くような面倒くささがあるのです。

一方、メンバーの技量が十分高ければ、選択しうる限り最良の技法を用いてコーディングすることが可能です。
何の遠慮もいらない分、まさに伸び伸びとプログラミングできます。

幸いにして、現在いっしょに仕事をしているメンバーはみなさん優秀ですので、何ら遠慮は必要なさそうです。
こういうのはとても働きやすい環境といえますね。