Just Right!6 Proが届いた。

高木です。おはようございます。

先日から欲しかったツールがあり、購入するかどうか迷っていたのですが、思い切って買ってしまいました。
それが、昨日届いたJust Right!6 Proです。

ツールといっても、ソフトウェアの開発に使うようなツールではありません。
これは文章校正支援ツールです。

私は年内に電子書籍を出すことを目標にしていると、何度も書いてきました。
本当に実現するかどうかは結果なので何ともいえませんが、少なくともそれに向けた努力はすべきです。

今回は一種の自費出版なので、編集や校正をすべて自分でやらなければなりません。
だから、少しでも効率を改善できることはすべて試したいのです。

それに、このように日々ブログを投稿しているわけですから、文章の校正が必要になることは文字通り日常的にあります。
もちろん、仕事のドキュメント類なんかも校正の対象です。

正直いって4万以上もするツールを購入するのはかなりの思い切りがいりました。
でも、何ごともまずは試してみることが先決です。
この程度の金額なら、失敗したところで生活に行き詰まるわけでも、会社が破綻するわけでもありませんから。

今回の投稿がJust Right!6 Proの最初の校正にかかることになります、
今から早速かけてみました。

このような校正支援機能はWordや一太郎にもあります。
けれども、Just Right!6 Proのそれはずっと細かい設定ができますし、指摘内容も分かりやすくなっています。

難をいえば、高DPIとの相性が悪いのか、表示の一部が消えたり欠けたりすることがあります。
まったく読めないわけではないので致命的とまではいえませんが、ちょっと残念ですね。

もうひとつ、今回指摘事項でもっとも多かったのが、「Just Right!6 Pro」の部分です。
自分自身の商品名ぐらい辞書に入れておいてもバチは当たらない気がするのですが、どうなんでしょう?

今後は自分なりの設定を作り上げて、校正の精度を上げていきたいと考えています。

もっとも、形式的なチェックはツールでできても、内容の間違いまではチェックできませんし、ましてやその文章が面白いかどうかまではツールではわかりません。
肝心な部分は最後まで人手で行うしかなさそうです。