タイミングと縁は大事ですの巻

こうして私の経験値が増えていくのかな、てへッ、てな気分の馬詰です。
ワタクシの営業もどきとしての経験がまた追加され、そのうち胸を張って営業です!と言える日がきっと来ることでしょう。
いや、別に来なくてもいいんですが。
私は単に馬詰なだけですから。

話はそれますが先日、弊社に足をお運びいただいた方に
「馬詰さんって賢そうな名前ですね」と今まで言われたことのないことを耳にしました。
「いやぁ、多分、私が思うに先祖は馬の詰め所、いわゆる馬小屋の番人やったんやないかと、勝手に想像しています」
「一度聞いたら忘れられない名前ですよ。営業的には羨ましいです」
「悪いことは出来ない名前です」
「悪いことをするようには見えませんよ」
という、定番の会話です(笑)

違う営業さんには、
「掴みはOK!な名前ですね」
と言われたこともあります。
営業的には恵まれた名前ということで、留まるところを知らず猪突猛進(いや、馬なので猪突はちゃうか 笑)していくかもしれません。
という、名前ネタは置いといて。

今回の事案。
本来なら、私が営業としてちゃっちゃっと動いていたら、もっと早くに終わっていたであろうと反省をしつつ、
そのおかげでいろんな方とお知り合いになり、お力を借りることができたのは、非常に有意義やったのではなかろうかと、考える次第でございます。
自分で申しますが、私は物覚えは良い方です。
一度経験したことは次からはキッチリ押さえます。
失敗したことは特に身体が覚えます。
という、体質をふまえ、今回の経験は非常に良かったなあと、昨夜は爆睡しました。
まっ、何があっても、右見て左見たらコテチンとなるので、一昨日も爆睡していましたが。

何でしょう。
結婚ではないのですが、タイミングと縁があるのかなぁと思っています。
それだけではないでしょうが。

すみません、相変わらず、前置きが長く、本題は数行でした。
まるで私の営業トークと同じです。

なにはともあれ、魔太ちゃんと2人で京阪中之島線のなにわ橋駅に行くのに迷子になりかけた、いい思い出ができました(笑)