「MUMPS 経験者」で検索すると……

高木です。おはようございます。

ふと気になって、Googleで「MUMPS 経験者」で検索してみました。
すると、このウェブサイトが堂々の一位になっているではないですか!

念のため、pws=0を指定してパーソナライズ検索を無効にして試してみましたが、やはり一位でした。
せっかくなのでBingでも検索してみましたが、やはり一位でした。

これは今後おもしろくなりそうです。

どうせなら「〇〇 経験者」とか「〇〇 技術者」で検索すると一位かそれに近い結果が得られるものをいくつか用意しておくのがよさそうです。
もしかすると、「Tcl/Tk 経験者」で検索すると、馬詰のブログが上位表示されるときが来るかもしれませんよ。
「Tcl/Tk 経験者」では無理でも「Tcl/Tk 経験者 大阪」なら何とかなるかも。

もっとも、MUMPSのようなマイナーなものなら簡単に上位にもっていけますが、メジャーなもので上位にもっていくのは大変です。
こう見えてもSEOは一通り勉強したんです(今となっては古くなった知識も多いですが)。
かつてはそれで一定の成果も上げていました。

最近では、小手先のテクニックでSEOをやるより、豊富なコンテンツを提供することで結果的に多くの閲覧者を集めることを良しとしています。
即効性が必要ならリスティング広告を使うほうが手っ取り早いですしね。

そういうのを経験したことがない人には信じられないかもしれませんが、ウェブサイトの威力というのはすごいんです。
ウェブ系が嫌いだと常々公言している私でさえ、ウェブサイトの重要性は理解していますし、実際活用しています。
(私が嫌いな)ウェブシステムの開発を専門にやっている人に限って、ウェブサイトを活用できていない人が多い気がしますが、実際のところどうなんでしょうか?

ダラダラ書いていると話が取り留めない方向に行ってしまいますので、そろそろまとめに入ります。
MUMPSに限らずマイナーな技術や分野にも積極的に対応することで、笑ゥせぇるすまんではないですが、「技術のスキマお埋めいたします」と提案できる会社にしていきたいと考えています。