性的な痴漢

高木です。おはようございます。

今日のタイトルは会社のブログには似つかわしくないですね。
ましてや「技術情報」っぽくもありません。

けれども、私のようにプログラミング関係のネタを執筆する立場では、結構切実な問題なので取り上げました。

先日投稿した「ついつい関数が長くなってしまうケース」で、とんでもない失敗をやらかしました。
杉山から指摘を受けて、現在は修正しています。

インライン関数が「インライン置換」されるされないの話をしたのですが、こともあろうに「インライン痴漢」と書いてしまったのです

実は書いている途中にも、何度もこの変換ミスはありました。
その都度修正はしたのですが、修正漏れがあったようです。

こうした変換ミスは結構ありますね。
他には、「静的メンバー関数」とか「静的記憶域期間」と書きたいのに、「性的メンバー関数」とか「性的記憶域期間」と変換してしまうケースがあります。
こんな風にして、何となくエッチな雰囲気を醸し出してしまうのです。

ブログを書くと、公開する前に「Just Right」で校正をかけるようにしています。
この辺の話題は以前このブログでも書きました

just Rightは優秀ですが、なかなか意味までは理解してくれません。
ましてや、こういう専門的な用語を知るはずがありません。
だから、校正漏れが起きてしまうのです。

本当は目視の校正をしっかりやるべきなんでしょうが、なかなか難しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です