若手や女性の応募も大歓迎

高木です。こんばんは。

ここ1カ月あまりで一気に人が増えた関係で、社員の構成がかなりイビツになってしまいました。
年齢構成を見ると40歳代と50歳代がやたら多く、男女比を見ても馬詰以外は全員男性といった有様です。

そうした状況を踏まえ、今回はファールすれすれになることを承知で、本音を書いてみたいと思います。
男女雇用機会均等法やら雇用対策法やらで、求人を出すときにはいろいろと制約が多いですから。

結論からいうと、若手社員が増えて欲しいですし、女性社員も増えて欲しいのです。
それが叶えば、社員の構成が正常化に向かうというものです。

そうはいっても、他の年齢層や男性を排除しようということではありません。
というより、そんな悠長なことをいっている余裕なんかどこにもありません。

現状では若い社員が少なめなので「若手は採用していないのかな?」とか、女性が少ないので「女性向きではないのかな?」といった誤解を招くといけませんので、あえて若手や女性も大歓迎とアピールしているのです。

現実問題として、どんな年齢の社員を採用しても、あるいは男女どちらの社員を採用しても変わらないということはありません。
待遇とかそういうことではなく、年齢や性別によって向き不向きがあることは事実です。
その意味で、いろいろな社員が増えることで、会社としての守備範囲も広がります。

確かに、年齢に関しては、定年までの年数という意味で、まったく同じとはいえません。
しかし、性別に関しては、弊社では何ら差別的な状況はありません。
男女で差別していられるほどの余裕はやはりないのです。

最近は景気が上向いたこともあって、求人を出してもなかなか応募がないのが実情です。
どことも、採用活動を成功させるために、いろいろ工夫しています。

クローバーフィールドでは、入社後3カ月経過した時点で有給休暇が10日発生します(通常は6カ月経過後です)。
ほかには、定年も65歳になっています。
さらには、在宅勤務制度も整備され、実際に在宅勤務を行っている社員も複数名います。

今後もさらに働きやすい環境を整備するために、常に知恵を絞り続けています。
もちろん、社員からの提案も大歓迎です。

こんな会社ですが、興味を持たれた方は是非お声かけください。
社員だけでなくパートナーも随時募集していますので、こちらもよろしくお願いします。

ここまでだと微妙に1000字に満たないような気がします。
でも、たった今問題は解決したようです。