YouTube研究における脳科学動画で得た事案を語る件

自称社畜の馬詰です(笑)
自ら社畜というヤツは社畜やないんですが。
怖いのは自覚していない社畜です。
とりあえず、私の最優先はライブです。
ライブの日はとっとと帰ります。
毎日の日課になっているYouTube動画編集。
一部巷で話題の『君のブログに恋をして』ですね。
営業日には欠かさず、編集と公開の作業をしています。
昔、小学生のとき、毎朝、漢字の小テストがありました。
前日に習った漢字の中から10個チョイスされ出題されるというヤツです。
消しゴムで消しにくい、すぐにやぶれるザラ半紙の小テストです。
子どものときからポーカーフェイスの私は、うちに秘めた負けず嫌いを隠していました。
その漢字テストで満点を取ると決め、毎日、人知れず、家で漢字の練習です。
宿題以外に自らに課した課題です。
毎日、漢字の練習をすると決めたら、何があってもしないと気がすまないタチです。
気持ち悪くなります。
YouTube動画編集、今、その状態です(笑)
『君のブログに恋をして』はスタイルが出来つつあるのでいいのですが、アーティストのMV以外で、YouTube動画ってどんなんがあるん?という研究に余念がありません。
関連チャンネル研究については高木の専門です。
私は編集するにあたって視点です。
しゃべっているだけの動画を選んでみます。
そこで見つけた、脳科学系。
1時間のセミナーの声だけってのにハマりました。
映像はイメージだけでなんの動きもありません。
脳科学を研究している人のセミナーです。
若いです。
29歳とかのお兄ちゃんです。
TVとかにも出られていたようですが、私はTVを見ないので知りません。
脳科学的に人の心を掴む方法を語っています。
ごめん、それ、私、無意識のうちにやってるわ、というのがありました。

人に心を開いてもらうには、まず自分が相手に心を開く

まずは自分のことを語るとのことです。
ブログでもFacebookでもオープンマインド過ぎる私です。
久しぶりにあった友だちはみんな私の近況を知っています。
そして、Facebookに関しては、友だち自らコメント欄で暴露してくれます。
弊社に来社いただくと、私は弊社のこと、社員のこと(少ないので全員のことを把握しています、1人につき500文字ぐらいは語れます)を熱く語ります。
熱くっていうか、まぁ、笑いを織り交ぜ面白いおかしく魅力的に語ります。
こんなんやらせたら、うまいです。
ことのついでに自分のことも語ります。
弊社に来られたら「元気になる」と言ってくださる営業さんや、「馬詰さん、聞いてくださいよー」と愚痴の電話をかけてくださる営業さんがいらっしゃいます。
心、掴みました(笑)
まぁ、それが仕事に直結するのか?といえば、何とも言えないので、それがいいのか、悪いのかはわかりません。
この営業さん、この会社と付き合って、”お金になるならん”という視点だけの営業は私にはできません。
また、

プライベートなことを話してもらえたら、そのことをちゃんと覚えておき、次に会ったときにそのことに触れる

もいいらしいです。
名刺の裏にメモるとかですね。
私は、メモろうと思いながら次のことに気がとられて忘れてしまいます。
が、お話しているときに、せやせやこの前こんな話してたよなってのを思い出します。
名前は覚えようとしないと覚えられないのですが、話をしていた場面、イメージですね、イメージでいろいろ思い出します。
この”イメージでのものを覚えるというのは、年を重ねてきた人の特徴”というのは、別のYouTube動画で知りました。

目の前の人が身につけているものなどをさりげなく褒める

これもポイントらしいです。
誰でも褒められると嬉しいですよね。
これについては、私の類い稀な観察力とサービス精神で、無意識のうちに結構、褒めています。
「今日の服、かわいいやん」
「おぉーそのネイル、ええやん、見せてー」
「うわっ!年期の入ったカバンですね」
などなど、食いつきます(笑)
という、無意識でやってるし、という事案を語ってみました。
すごいです。
今日は1700文字オーバーです。
この長文、最後までご精読、ありがとうございました。
次はポジティブシンキングの効能について語るかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)