エイプリルフールと世論について

大林です。

ブログ初投稿いたします。

4月1日、明日はエイプリルフールですね。

例年、各企業・個人が様々な催しをホームページ上で開催するため、個人的には1年で最も楽しみにしている日でして、土日じゃなくても有給を入れて毎年必ず一日中ネットを見ている日なのですが、3.11の震災以降、例年規模が縮小されているように感じており、強い懸念を抱いております。

震災当時、私は別の会社に所属していたのですが、(元々大震災の数ヶ月も前から有給を申請していたにも関わらず)当時の上司から有給で4月1日休む事に関して叱責を受けたりもしましたし、震災をきっかけにで特に力を入れてエイプリルフールを盛り上げていた某特撮の会社と某ゲーム会社が自粛してしまった際には胸に穴が開いた様な大きな喪失感を感じていました。

日本では度々不謹慎という名目で自粛ムードが漂い、そんな時期に催しが被ってしまうと中々楽しい事をし辛くなるのかもしれませんが、少なくとも私のように元気をもらえる人も確かに存在しているし、自粛しろと言ってくる相手は元々好意的に見てくれている相手では無い事も多いため、世間的にどんな事があろうと、堂々とポリシーを持って自分のやりたい事を貫いてくれる会社さんを私は応援したいと思っております。

そうした方がきっと自分が生きやすい世の中になるので。

では、皆様、良いエイプリルフールを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です