大阪市中央区 システムソフトウェア開発会社

営業時間:平日09:15〜18:15
MENU

ワールドカップ決勝進出に見る戦略が博打すぎる件

著者:馬詰道代
公開日:2018/06/29
最終更新日:2018/06/29
カテゴリー:雑記
タグ:

スポーツ観戦はわりと好きです。
馬詰です。
甲子園球場の近くで育ったこともあり、何度となく甲子園球場には足を運んでいます。
高校野球については在学中に甲子園出場ということもあり、応援にも行きました。
相撲も好きです。
寺尾(現 錣山親方)が好きです。
息子2人が小学生のときのミニバスから中高とバスケット部だったこともあり、Vリーグも観に行きました。
そして、今、盛り上がっている、サッカー。
長居球場にセレッソ大阪の試合を観に行き、セレッソカラーのタオルやらグッズ一式所持しております。
森島の時代です。

さて、ワールドカップです。
予選通過は勝てばいいというものではなく、グループ内での勝ち点や得失点差で決まるようです。
今大会からフェアプレーポイント制が採用されています。
このあたりはあまり詳しくありません。
その中で2位であれば決勝に駒を進められます。
昨夜のワールドカップ決勝進出をかけてのポーランド戦。
試合の詳細は省きます。
というか、後半戦の後半30分ほどしか観ていません。
サッカーよりストロベリームーンの撮影に奮闘していました。

あの賛否両論の最後の15分。
正直、イライラして観ておりました。
裏カードのコロンビアvsセネガルに委ねられる状況でサポーターからのブーイングの中、ボールをコロコロ転がしていました。
もし決勝進出が決まらなければ世間の風はもっと冷たいものになったと思います。
結果として決勝進出が決まって胸をなでおろしました。

決勝進出に駒を進めることに焦点を置いたあの戦略が博打過ぎます。
あの場面であの判断をした西野監督。
それに従う選手たち。
西野監督と選手たちの信頼関係を垣間見た気がします。
スポーツの世界においてカッコイイ駒の進め方ではなかったでしょうが、ルール違反をしているわけではありません。
警告が少なくフェアプレーをしてきたからの決勝進出です。
この試合だけではなく、予選3試合トータルで得た結果だと見ると納得できます。
リスキーでかつ大胆な戦略の結果、ワールドカップをまだまだ楽しめるので私はありやと思っています。

目先のことだけにとらわれず、リスク度合いを推し測り、トータルでかつ深いところまで見て、揺るぎない判断をする。
西野監督のリーダーとしての手腕は素晴らしいと思います。
次のベルギー戦は真っ向勝負を期待しますが、昨夜の戦略はいろいろ勉強になりました。

コメントは受け付けていません。

上に戻る