大阪市中央区 システムソフトウェア開発会社

営業時間:平日09:15〜18:15
MENU

それっぽいデザイン(フランス2):猫でもできるグラフィックデザイン97

著者:YOSHIDA Takayuki
公開日:2018/07/03
最終更新日:2018/07/03
カテゴリー:技術情報
タグ:

「それっぽく見えるデザイン」について考察しています。フランスは沢山のコンテンツを持ち、イメージの作りやすい国のひとつです。それだけに、何をデザインに取り入れるかは熟考が必要です。

フランスは世界でもっとも外国人観光客が多い国です。年間八千万人、日本のおよそ4倍もの人がフランスを訪れます。観光地のランドマークとなるエッフェル塔や凱旋門は、それだけでフランスをイメージさせることができるものといえるでしょう。

フランス料理は中華料理、ギリシャ料理と並び、世界三大料理の一つとされています。日本でも大切な席の食事として用いられることが多く、結婚披露宴などで提供されることが多いです。フランス料理で提供されるワインやチーズなども、フランスを象徴するモノとしてデザインに取り入れることができます。

フランスには世界的なファッションブランドもたくさんありますが、各ブランドを具体的に表現するのは好ましくありません。ロゴマークを並べるのもあまりセンスが良いとは言えないでしょう。優雅なファッションを抽象的に表現出来れば、フランスっぽい雰囲気を演出することができます。

人物、とくにそのエピソードや格好がアイコンとなっている人物も多いです。ナポレオンやマリー・アントワネットはその代表と言えるでしょう。ナポレオンの二角帽子や懐に手を入れた姿、マリー・アントワネットの時代に流行した突飛な髪型や洋服は、フランスを想像させるのに十分な知名度があります。

豊かな文化の一方で、化学や機械でも有名な会社や製品がたくさんあります。特にフランスの自動車は、ドイツやイギリスと並びヨーロッパだけでなく世界中で愛されています。またフランスは国際博覧会、いわゆる万博の開催地に何度も選ばれており、世界の技術や芸術を広める役割を担ってきました。当時のフランスにはあらゆるモノや情報が集まり、それをもとめてヒトも集まっていたことが容易に想像できます。

もっとも手軽に、しかしもっとも強くフランスを想起させるのはやはり「トリコロール」と呼ばれる国旗でしょう。3色使うことで、自由、平等、友愛を表しているそうです。フランスと同じく、国旗に同じ赤、青、白を使っている国は沢山あります。オランダやロシアは順番や方向が違うだけですし、スロバキア、スロベニア、セルビアなどのように中心に紋章を入れたもの、チェコのように配置を変えたものなどがありますが、赤青白の旗を見ると反射的にフランスを想起する人は多いのではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。

次の記事 :
上に戻る