蛾の鱗粉は触ったらあかん件

だいぶんと秋っぽくなりました。
本日は体育の日です。
昭和を満喫したワタクシとしては体育の日は10月10日であってほしいと思う昨今です。

事務所にいても冷房をつけると寒く、かといって消すと暑い。
窓を開けると心地よい空気が流れてくる日は、窓を開けています。
事務所にひとりのとき。
全く無音だと世界にたったひとり取り残された感に胸が踊ります。
世界を制覇した気分になります。
大抵は夜、事務所にひとり残っているときです。

窓を開けていると外の音が聞こえてきます。
弊社の事務所は2階なのでザワザワ感を味わいます。
これからしばらくは外の空気が気持ちよい時期です。

窓を開けていると思わぬ来訪者がやってきます。
大抵が蛾です。
先日も夜、杉山と高木と会議をしているときに、結構大きめの蛾がやってきました。

私は虫は割と平気です。
いや、かなり平気です。
羽が生える前のくねくね動く青虫、毛虫以外はほぼ問題ありません。
5月の桜の木の下に発生する毛虫だけはサブイボもんです。
羽があれば問題ありません。
ちっこいのが集まっている様子、アリンコのたむろしている場面とか、それもサブイボもんです。
蟻の単体は問題ないのですが。
ちなみに一番好きなのはてんとう虫です。
てんとう虫は大好きです。
次はカマキリです。
あの格好良さがたまりません。
そして、昆虫ではないですがヤモリも好きです。
ヤモリって可愛いですよね。

という、私ですから蛾も平気です。
杉山と高木もたぶん平気やとは思います。
知らんけど。
会議中に入ってきた蛾。
かなりかまってちゃんなのでしょう。
おっさん2人とおばはん相手にかまってちゃんぶり発揮しよります。
あちこち隠れよります。
入ってきた窓から出て行くほうが幸せとちゃうの?と思うのに、明かりに向かって身体ぶつけています。
電灯付近に身体ぶつけています。
乱舞しています。
自虐過ぎます。

蛾一匹に翻弄される3人です(笑)
私の目の前に止まりました。
そっと手を伸ばして羽を掴みます。
あまり強く掴むと羽が壊れそうですから。
こんな狭い世界よりお外の方がオモロイやろ!と窓から放ちたいのですが、あまりにゆるく親指と人差し指で羽を挟んだので、するりと抜けてしまいました。

今更ながらですが、私の指には鱗粉がついたと思われます。
いや、ついたでしょう。
ググると毒のある鱗粉もあるらしいやないですか。
むやみやたらと蛾には触れたらあかんらしいですやん。
そんなこと、今の今まで誰にも教えてもらいませんでした。
今後は気つけたいと思う所存でございます。
流石にGさまは素手ではよう触りませんが。

あの夜の蛾は結局、生存確認が出来ておりません。
どこか隅っこで昇天されているのではないでしょうか。
なんだか、悪いことしたなぁと思っとります。