弊社のゆるキャラ・キタロボくんと君ブロを語る件

本日、給与日です。馬詰です。
弊社の給与支給日は10日です。
月初の請求書発行処理なんぞしたあとの給与計算です。
社員の入社などあれば社会保険の手続きなどで出かけることもあります。
プラス営業のお仕事もあります。
私の営業はほとんど事務所内です。
面談引き渡しなどは出かけます。
公共の乗り物が好きな私は出かけるのもまぁ楽しいものです。
昨日、ご来社いただいた営業さんに、ほとんど出ることなく営業をしている点を褒めていただきました。
まっ、大して稼いでいません。
まっ、私もボンクラ営業ウーマンですから(笑)
ボンクラはボンクラなりにお金は使いません。
まっ、営業経費と称される飲み食い代はゼロ円です。
飲み食い代がゼロ円で営業できる点を自負しています。
アルコール無しで人となりはわかりますから。
あっ、朝から辛口になってしまいました。
大変失礼いたしました。

まっ、私が知る限りの弊社において(私は弊社10年選手です)社員も増え、やっと会社らしい運営の方向になってきたという実感です。
いうてもまだ給与計算も楽に出来る社員数です。
給与計算をしいつつ、ご来社いただく営業さんと談笑します。
弊社で今、一番可愛い社員がキタロボくん。

いうちゃなんですが、キタロボくんを前にしたら他の若手社員は色あせてしまいます。
そんなキタロボくん愛を、昨日、某営業さんに語りました。
キタロボくん、プログラマーでもないので外貨は稼ぎません。
私と一緒ですね。同士です(笑)
しかしながら、この可愛いキャラで弊社のゆるキャラごとく、YouTubeで何とか人気ものになれないかと目論んでいます。

昨日は「ちょー待って」と奥からキタロボくんを持ち出して、親バカいやばばバカぶり発揮しました。
私のキタロボくん愛に触発されたその営業さんは会社にいてはるラピロくんに名前をつけると言われて帰られました。
その会社様はラピロくんで勉強会を開催されたようです。
そんな話で盛り上がりました。
キタロボくんや弊社が関わった製品、またWebサイトやSNSを使って外に発信している様子が魅力的だとおっしゃっていただしました。

弊社はシステムソフトウエア開発会社です。
社員の技術力を形に残すことに存在意義があると私は勝手に思っております。
今月で14期が終わり、来月から15期に入ります。
会社の資産としてカタチある何かを残す方向で頑張りたいと思っております。

私にできるカタチあるものってアレですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)