無事に15期を迎えた件

大掃除をせんかて万人にお正月が来るように、暮れて明けたら15期は迷わずやってきました。
馬詰です。
私は5期ぐらいから弊社に関わっているのですが、昨年ぐらいから新しい期を迎えることにいろいろ意味を感じるようになりました。

IT業界、技術者不足と言われる昨今、今後はどうなっていくのでしょう。
派遣法改正や雇用改革など世間はいろいろややこしいそうです。
来春から年5日の有給休暇取得が義務化になります。
会社は社員に年5日の有給休暇を必ず取得させるよう義務づけられます。
違反したら罰則もあるようです。

私の基本スタンスのひとつに少々ハードなものがございます。
舐めたことする輩をトコトンいてこますために、自身は真っ当に生きるべきというものです。
自分のことを棚にあげて人さまのことをあれこれ言うのは誠実さに欠けます。
舐めて支払いをしない輩は少額訴訟でいてこまします。
舐めてPTA会費を不正使用した輩も刑事告発でいてこまします。
他にもあります。
頼むから私を怒らせないでほしいものです(笑)
ということで、真っ当に生きています。

さて、話を戻します。
有給休暇は一般的には入社半年経過したら10日付与するようにお上から言われています。
来春からの5日取得義務化は、10日のうち5日は必ず社員に消化させるよう会社に義務づけられているというものです。
表向きは労使合意の上、”この日を有給を使って休みにする”というもののはずなのですが、世間の相場はどうもそんな風向きではないようです。
いわゆるブラック企業と呼ばれる会社様に至っては、有給休暇を取らしたテイでタイムカードを打刻せず働かせるとか、嘘みたいなほんまの話があるようです。
私はいまだかつてブラック企業に勤めたことはありませんが、有給休暇はあってないような会社様の存在を身近で聞きます。
有給をなかなか取らせてもらえない、会社様ですね。

さて、ここに海外旅行を目論んでいる社員がいたとしましょう。
なるべくなら業務に差し支えない時季に有給を取って旅行計画を立てます。
土日の休みを含み月曜日から金曜日まで5日の有給休暇申請をしようと思います。
10日あるうちの5日を使う計算です。
残りは5日です。
風邪を引いたりお腹をこわしたり、そんな不測の事態に備えてプールしたいと思うのが人情です。
しかし、年5日有給休暇取得義務化によって、先に5日、有給を取得したとしたら、残り5日です。
不測の事態を考えると、せっかく夢に描いていたイギリス旅行を諦めなあかんようになるかもしれません。

そうです。
私はロンドンバスに乗るためにイギリス旅行を目論んでいます。
そのうちです。
たぶんです。
いや、きっとです。

私はルールは守って真っ当に会社運営をしたいと思う経営陣のひとりです。
そして、有給10日付与のうち、自由に使えるようでなんや自由に使われへんような、会社の義務で取らされる5日って、ありがた迷惑やと思う社員でもあります。
マルチタスクな私にぴったりな兼務役員なので、あっち側とこっち側でいろいろ考えるわけです。

そんな折、高木が考えたのがコレです。
相変わらず、高木はぶっ飛んでいます。
(ときどき、ぶっ飛び過ぎるときがあるので、そのときは私が待った!をかけます 笑)
他の社員の皆さまからの反対意見もないようなので施行されることになるでしょう。

弊社の有給休暇については入社3ヵ月経過後から付与されます。
10月まではフルタイム社員は10日付与でした。
今後はこれが15日になることでしょう。
実質の使用感は変わりません。
時間単位での取得も可能です。
業務の状況さえ段取りつけれたら、「歯医者に行ってから出社するので2時間有給使います」なんてこともOKです。

まぁ、いっときに比べて弊社の現時点のお給与は決して高いとは言えません。
その代わり、残業は極力するな!有給使え!勉強するなら本、買うで!この辺りで大目に見てもらおうという魂胆です(笑)

15期一発め、私のうだうだブログになりました。すみません。
こんな感じで15期スタートしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください