大阪市中央区 システムソフトウェア開発会社

営業時間:平日09:15〜18:15
MENU

Swiftワン・ピース・コード:UIDatePickerを使用する

著者:川上洋
公開日:2019/01/28
最終更新日:2019/01/28
カテゴリー:技術情報
タグ:

こんにちは。川上です。

BalloonViewに日付ピッカーを組み込んで、日時データの更新処理をしました。
で、その動作感じは、⬇️です。

先ずは、UIDatePickerのInit処理からでした。

UIDatePickerの値が変わった時に受けたイベント処理です。

概ね、キモそうなところは記載できたと思います。
後は、それなりに、行間で・・・ね。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

上に戻る