大阪市中央区 システムソフトウェア開発会社

営業時間:平日09:15〜18:15
MENU

Code::Blocks+wxSmithでDrawing

著者:津路高広
公開日:2019/04/11
最終更新日:2019/04/11
カテゴリー:技術情報
タグ:

津路です。
前回では、目標として、画面に図形やテキストを描いて、更に、図形をファイルに保存することを考えました。
そして、まず、四角形をデバイスコンテキスト上に描きました。
次に、ブラシとペンを赤色に設定し、四角形を描きます。

次に、四角形の右側に、緑の線を描きます。

次に、文字列を緑の線の上下に描きます。

ここまでで、以下のような図形になります。

描かれた図形

更に、今日は、描いた図形をファイルに保存します。
まず、ボタンイベントを定義し、メモリに描いて、それをファイルに保存します。

コメントは受け付けていません。

上に戻る