大阪市中央区 システムソフトウェア開発会社

営業時間:平日09:15〜18:15
MENU

いよいよ開発室始動!机1つに1時間!!巻

著者:馬詰道代
公開日:2019/05/17
最終更新日:2019/05/18
カテゴリー:雑記
タグ:

何でもタイミングと思いきりが大事ですね。
結婚と同じです。
そのタイミングのときに思いきりよく進むということです。

昨日、無事に開発室を借りる契約が完了しました。
本日から入居です。
春前でしたか、夏までには開発室を始動させるというスケジュールで、のんびり構えた感じで空き物件探しを始めました。
以前も書きましたが、たまたま、そんな(高木の)Twitterつぶやきを見た賃貸業者の東京のテレアポお姉さんから電話がありました。
その後、大阪の営業さんからコンタクトがあってトントンと進んだ話です。
昨日、契約完了後、その営業さんに「どういう流れで始まったのでしょう?」と尋ねられました。
「Twitterですよ」と一連のたまたま続きの話をします。
「SNSですかぁ」と私より随分と若いSNS世代ちゃうの?という営業のお兄ちゃんは意外そうな面持ちをされます。

時代はやっぱりTwitterでしょうか。
SNSでしょうか。
採用応募も王道のハローワークよりTwitterですし。
ハローワークはいろんな意味で感度が鈍うございます。

さて、本日、入居の開発室。
机と椅子とインターネットさえあればとりあえずテイを成します。
机はAmazonさんで注文しました。
土曜日に届く予定が1日早く本日届きました。
お昼休みに電話があり、14時までに届けると言われます。
運送屋さんです。
13時に開発室の鍵を受け取る予定です。
そのままの流れで机を待つことにします。

実はここだけの話、私はビビっておりました。
140cm幅の机を4台です。
自分で組み立てる机を購入しました。
天板は140cm×70cmです。
大きいです。
先程の運送屋さんは「面倒くさそうに16個口」と言うてはりました。
開発室のビルはエレベーターはあるのに2階には止まりません。
エレベーターの止まらない2階が弊社の開発室です。
16個口、階段の下に置いたまま帰られたらどうしようかしらん、いや、流石にそんなことはせえへんやろうけど、嫌そうな顔をされるんちゃうの?
と、私は少々ビビっておりました。
なので、鍵の受け取りに一緒に行った國松に、「一緒におってー」と頼みました。

2人で2階の窓から下を眺めます。
運送屋さんのトラックが止まります。
私は下に降り運送屋さんのお兄さんに言います。
「大変申し訳ないのですがエレベーター、2階には止まらんのですわ」と恐縮します。
すると、お兄さん。
「あぁ、知ってますよっ」と気の良い即答を笑顔で返してくれました。
ええお兄さんです。
気持ちよく汗だくになりながら16個口、運んでいただきました。

ことのついでに國松が「1つ組み立てる」と言うので、工作得意な彼女にお任せすることにします。
私はダンボールを小さくたたむ仕事をせっせとお手伝いさせていただきました。
とりあえず、机1つに1時間!でございました。
あと、3つ残っております。
悲しいかな、こんなときに弊社にはアテにできるオトコマエは見渡す限り、思い浮かびません。
自力でなんとかしなあかんのが弊社です。

あぁ、今日はどんだけ國松ちゃんが頼りになったことか!!

しかしながら、この部屋に決まる流れから、何もかもがトントン拍子です。
1番懸念していたインターネット回線も申し込んで10日で開通する予定でございます。
5月末までは開発室は使いものにならへんかもと覚悟を決めておりました。
何とかそれも早まりそうです。
やれやれです。

そんなことより、昨夜、Twitterで入手した U2来日かの噂に私は狂喜し昨夜はほとんど寝てません。
ずっとiPodでU2を聴いておりました。
どうも大阪ではないようです。
会場はさいたまという噂です。
こういうときの有給でしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

上に戻る