大阪市中央区 システムソフトウェア開発会社

営業時間:平日09:15〜18:15
MENU

Kotlinで作るAndroidアプリ・・文字表示位置

著者:川上洋
公開日:2019/06/27
最終更新日:2019/07/02
カテゴリー:技術情報 雑記
タグ:

こんにちは。アンドロイドでアナログ時計アプリを作りながらKotlinお勉強をしている川上です。

以前よりiPhone用のアプリ作成をXcodeでSwiftを使っていました。
ので、ついつい、Swift語で書いていると、「ここは、Kotlin語ではどうなんの?」と、よくなります。
おおよそで多くの先達の方々が、各アプリ言語の文法やサンプルをWeb上で情報をたくさん表示くれます。
有難いことですね。
ので、小生の駄文も板に汚しますが、何かしの情報にあれば良いですwね。

先より研究している
 「ConstraintLayoutのCircular positioningでアナログ時計を作った」
より、現段階でのアプローチは、アナログ時計文字を画面上の表示を検討しています。

サンプルよりアナログ時計盤の文字表示処理をしてみました。

練習アプリを起動時に、View背景画にのんちゃんが会えたら楽しいから・・練習だしイイよね?
ちなみに、AndroidStudioで時計背景画用Viewを表示OnOffするには、⬇︎ですw。

サンプルPrjより文字位置処理の使用分を参照コピペして編集して動いてみました。

ですが、ソースを読んでいると、Andtroid Studioで、省略コードが2箇所ありました。

ーー ?? dpやspってなに??
ーー 元はどこ?
で探すと、ソースFileの箇所は⬇︎でした。

また、Landscape置きやPortrai置で回転すると、画像の表示がNGでした。

まぁ。最初の動作でLandscapeとPortrai置きやデバイスの違いなどでNGになるのは、フツウですw。
その辺りから、デバッグの彷徨が始まるんですよね。

ではでは。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

上に戻る