大阪市中央区 システムソフトウェア開発会社

営業時間:平日09:15〜18:15
MENU

Qt – Androidアプリ開発 – バブルの動き

著者:津路高広
公開日:2020/02/07
最終更新日:2020/02/29
カテゴリー:技術情報
タグ:

津路です。こんにちは。
Qt – Androidアプリ開発 – バブルを動かすためのqml編集に続き、バブルを動かすコーディングです。
Accelerometer 型の値が変化したときに呼ばれる、シグナルを定義します。

SmoothedAnimationというQMLタイプのBehaviorを定義します。動きをスムーズに見せるためのタイプです。

次に、デバイスの方向を縦に固定します。
AndroidManifest.xmlを作成します。
作成するには、左ペインのプロジェクトをクリックして、ビルド設定を開きます。
次に、右画面でBuild Android APKの詳細を開くと、Create Templateボタンが見えます。
そして、AndroidManifest.xmlを開き、android:screenOrientation=”portrait” と書きます。

続きは、また次回に。

コメントは受け付けていません。

上に戻る