大阪市中央区 システムソフトウェア開発会社

営業時間:平日09:15〜18:15
MENU

ORACLEMASTER 備忘録6(3/11)

著者:伊関星児
公開日:2020/07/01
最終更新日:2020/07/09
カテゴリー:技術情報
タグ:

ORACLEMASTER 備忘録6(2/10)

続き

REDOログファイルのアーカイブ

上記の通り、REDOログファイルはグループを循環して書き込まれるため、順次上書きされてしまう。そのため、連続したREDOログファイルを取っておくためには、REDOログファイルが上書きされる前にコピーを作成する必要がある。これを「REDOログファイルをアーカイブする」といい、作成されるファイルのことを「アーカイブログファイル」という。

アーカイブログファイルは、“ARCn”プロセスによってアーカイブされるREDOログファイルのコピーである。ARCnプロセスは、ログスイッチによって書き込み先が基地変わったタイミングで、アーカイブログファイルを作成する。

 

REDOログファイルの多重化

グループ内に二つ以上のメンバーがある状態が「多重化されている状態」で、二つ以上のREDOログファイル(メンバー)を別々のディスクに保持されるように構成している。グループ内のREDOログファイルが多重化されていれば、仮にディスク1に障害が発生してアクセスできなくなってもディスク2にあるそれぞれのグループのメンバーが正常であればインスタンスを稼働し続けることができるため、通常は多重化しておく。

表領域とデータファイル

データベースのオブジェクトである表の索引は「セグメント」という論理構造として、「表領域」という論理構造に格納される(表は表セグメント、索引は索引セグメントとして格納される)。

表領域は表や索引をまとめる入れ物と考えることができる。各表領域にたいして“一つ以上のデータファイル”が作成され、表領域に格納されたセグメントは、物理的には表領域に対応する一つ以上のデータフィルに格納される。

データベースには複数の表領域があり、これによってデータを論理的に分割することができる。

なお、「UNDOセグメント」や「一時セグメント」(ユーザーのSQL文実行中のソート領域などとして使用される)といった、Oracleデータベースシステムが内部的に使用するセグメントには、専用の表領域を作成して、これらのセグメントを配置する。

 

記憶域のコンポーネント

Oracleデータベースの論理構造には「表領域」「セグメント」「エクステント」「データフロック」がある。

 

記憶域の論理構造に関する用語

表領域:

データベース内のオブジェクトをグループ化して格納するための領域。表領域に対して“一つ以上のデータファイル”が作成される。また、表領域には複数のセグメントを格納できる。

 

コメントは受け付けていません。

上に戻る