大阪市中央区 システムソフトウェア開発会社

営業時間:平日09:15〜18:15
MENU

Wikidataで遊んでみた その2 – C#におけるJSONデータのデシリアライズ

著者:北本 敦
公開日:2020/07/28
最終更新日:2020/07/28
カテゴリー:技術情報

北本です。

前回、C#からWikidataにSPARQL文のクエリを送って、ピアノソナタを書いている作曲家を生年月日順に並べたデータをXML形式やJSON形式で取得しました。しかし、そのままではC#でうまく扱うことが出来ませんので、データをC#のオブジェクトに変換する必要があります。今回は、JSON形式のデータからの変換を取り上げてみたいと思います。

C#でJSONをシリアライズ/デシリアライズする方法はいくつかありますが、ここではSystem.Text.Jsonを使ってみることにします。

System.Text.Jsonは、.NET Core 3.0では共有フレームワークに組み込まれていますが、それ以外の.NETフレームワークで利用する場合は、NuGetパッケージをインストールする必要があります。

インストールの仕方は以下の通りです。

ソリューションエクスプローラーで「参照」を右クリックし「NuGetパッケージの管理」を選択。

NuGetパッケージマネージャーで、「Text.Json」などと検索し、System.Text.Jsonを選んでインストール。

すると、System.Text.Json名前空間が使えるようになります。

JSONデータをオブジェクトに変換するのには、JsonSerializer.Deserializeメソッドを使います。staticなのでインスタンス化の必要はありません。

今回は、引数が(ReadOnlySpan<byte>, Type, JsonSerializerOptions)のものを使います。第1引数にはWikidataから取得したバイト列を渡します。なお、第1引数がStringのものもあるので、文字列に変換後のデータを使うこともできます。第2引数には変換先のオブジェクトの型を渡しますが、これについては後述します。第3引数ではオプションを設定しますが、今回は特に設定の必要がないので何も書かずデフォルトのnullを使います。

第2引数についてですが、JSONのフォーマットに合ったクラスを用意してやる必要があります。入れ子になったクラスを手動で用意しようとすると大変ですが、Visual Studioの機能で一瞬で生成することが可能です。

変換したいJSONのフォーマットで書かれた文字列をコピーし、「編集」>「形式を選択して貼り付け」>「JSONをクラスとして貼り付ける」を実行します。今回コピーするのは、前回のコードでコンソールに出力されたものでよいです。

すると、そのJSONのフォーマットに合うクラスが自動で生成されます。
今回の場合、以下のようなクラスが出来上がります。

では、前回のコードのMainメソッドを書き換えてみましょう。

実行すると以下のように出力されます(2020年7月28日に実行したものです)。

前回は特に突っ込んでいませんでしたが、「作者不明」が取得されているのが気になります。どうやら、モーツァルトやベートーヴェンの贋作のピアノソナタの項目があり、それらの作曲者として「作者不明」が取得されたようです。

また、「ヨハン・クリストフ・フリードリヒ・バッハ」が2つ取得されていますが、生年月日が2通り登録されているためそうなってしまいました。

あと、「ミハイル・グリンカ」が取得されていて、グリンカがピアノソナタなんて書いていたっけと思いましたが、これはどうやら彼のヴィオラソナタに属性として「ピアノソナタ」が登録されていたのが原因のようです。

思い通りのデータを綺麗に取ろうとすると更なる工夫が必要ですが、不特定多数の人が編集しているWikidataであるので、なかなか難しいかもしれません。

コメントは受け付けていません。

上に戻る