大阪市中央区 システムソフトウェア開発会社

営業時間:平日09:15〜18:15
MENU

(14)Unity3DとSwiftでiOSプログラミング~TableView:01〜Menuを作ろう【実装編3】

著者:川上洋
公開日:2018/01/21
最終更新日:2018/06/21
カテゴリー:技術情報

こんにちは、川上です。

この前、DVDに観るのにハマっていたのは、新スタートレックだったけど、ちょっと飽きてきました。

飽きてきたDVDに、つい、見始めてツボってしまうのは、「あまちゃん」でした。
「あまちゃん」を見出してしまうと、ついつい、次を観てしまったくなってしまうのです。
「あまちゃん」にツボってしまったのは、ヒロインののんちゃん(能年玲奈)です。
のんちゃんを見る表情がとってもいいです。あの、表情や目の動きなどがが、本当にすごいのです。
・・・
う〜ん。もったない。もったない。早く、のんちゃんの女優を魅せて。。

=。=。=

で、メニューをどのように作成しようかなぁ、としていました。
Unityで3つ4つにシーンを作成して、シーンを選択して遷移したいなぁ と思っていたので、MenuをTableViewでしようとしました。

前々回の記事の中で作成したNaniMenuViewController.swiftでTableViewに追加していきます。XIBを使用していないので、コーディングメイクでしていきますね。

(1)NaniMenuViewController にTableView用のClassを追加してます。
UITableViewDelegate, UITableViewDataSource

(2)、(3)はTableViewの設定用とUINavigationController用の設定です。
viewDidLoad()に、直に、コーディングしてもいいけど、小生は、機能処理は関数化していくタイプです。

TableView()の設定には、必須なしきたりがいくつかあります。
dataSource
delegate
delegate用関数
などがあります。
てな感じでぼちぼち、書いていきますね。

==・ーー・==
ではでは。

コメントは受け付けていません。

上に戻る