大阪市中央区 システムソフトウェア開発会社

営業時間:平日09:15〜18:15
MENU

蜂刺されと巣のありかと何色アプリ

著者:津路高広
公開日:2021/07/28
最終更新日:2021/08/02
カテゴリー:雑記
タグ:

津路です。1年ぶりほどの投稿です。

私生活で経験したことを上げるのは、あまり好きでないのですが、珍しいと思われるので、投稿します。

我が家の庭にブルーベリーの木を数年前に植えまして、今年は大きく茂りすぎて邪魔なほどです。
昨日、はしごも使って、良い色の実を取っていたのですが、容器を持って一つずつ取るのが面倒なので、
実をまとめて落としていました。

さて、落とした実を拾っていたところ、突然蜂が出てきて人差し指を刺しました。
結構痛かったので、実を放置してすぐに退散しました。
たぶん、夕方ということもあって、歩兵が帰宅していたのでしょう。

確か、10匹は飛んできたように記憶してます。
巣なのは確かなのですが、そこにあるとは、とても思えない場所でした。
夕飯を作っているころは、軽症な感じがしていました。


よく考えると、土中に巣を作っているのだろうということです。
確かめたいのですが、さすがにその日はやめました。

夜間、ひりひりと何度もして、朝起きてみると、写真のように、膨れ上がって、腕まで来てました。


どうも蜂は針を残していて、それを抜いて、毒をつまみ出していれば、範囲が狭かったかもとブログをいくつもみつけました。

内科で塗り薬とプレドニンを処方いただきました。

さて、巣はどこにあるのか、少し遠くからみましたが、見つかりません。
やはり土中だろうということで、カッパを着て、帽子をかぶり、何色アプリを使って、
ズーミングしました。ところが、見つからないうちに、一匹が音を立てたので、撤退。

その後、3日ほど腫れが引かないので、おとなしくしていました。
その間に、防護服とスプレーを用意しました。
さお竹を動かしたりして、巣のありかを探ってみましたが、一向に見つかりません。

蜂は夕方から帰宅して、夜間おとなしくなるそうですので、7時ごろ、スプレーをまずかけました。
脅しの音を立てて近づいてきましたので、またかけました。
ライトで探しましたが、一向にわかりません。

翌日、昼間に近づき、襲われた場所に行きましたら、巣が落ちていました。
中には、残っている蜂がいましたが、死んでいるので、長靴で潰しました。

やれやれかと思いきや、1時間ほどして、昼に、巣を探しているのか、憤っているのか、家の中に入ってきました。
また、防護服を着て、スプレーをかけ、追い出しました。

しばらくは、やはり警戒です。

さて、何色?アプリAndroid版のバージョンを2.0にアップしております。
マンセル値を表示し、キャリブレーション機能を追加しております。
キャリブレーションでは、真夏のような、ぎらぎらする太陽のもと、色が白または黒とは表示されない場合に、
ここは白として認識してくれっといった、設定ができます。

コメントは受け付けていません。

上に戻る