大阪市中央区 システムソフトウェア開発会社

営業時間:平日09:15〜18:15
MENU

(20)Unity3DとSwiftでiOSプログラミング~ シーンを作ろう【実装編3】

著者:川上洋
公開日:2018/02/09
最終更新日:2018/06/21
カテゴリー:技術情報

こんにちは。川上です。

Unity+Xcode = iOSを作成していたiPhone(iPad)用のアプリが、実装できて動作しつつあります。
全体的の環境周りの動きの形姿が、フワフワと綿菓子状態になってきました。
まだまだ、始めの開始部分ですので、ぼちぼちしましょう。

先で準備したシーンは、
・StartScene
・「Scene1」~「Scene5」
です。

まず、「StartScene」からです。

「StartScene」は、スプラッシュページなような表紙のシーンです。

アプリを起動した時、Unity用のスプラッシュページ後に「StartScene」シーンで表示され、その後、自動で、先に作ったメニューへ遷移され表示できるようにします。

//遅延表示
Invoke(“TestSendToiOS”, 3.0f);//Menu表示用
で、3秒間でスプラッシュページしています、

なお、
// プラグインを初期化.
PluginUnityCtrller.TestSendToSwift(); //Menu表示用
は、先の処理ままで、変更ありません。

これで、UnityからSwiftへ送信をしてメニューが表示できた(はず)でしょう。

今回はメニューの表示までで、次回からメニューの選択から他シーンへの遷移へ、つ・づ・く。。。(つもりです)

=・=・=
ではでは。。

コメントは受け付けていません。

上に戻る